ロスカットの用語説明。

FXについて勉強をしていると、「ロスカット」という用語をよく見かけると思います。
今後本格的にFX取引を検討しているという方であれば、絶対にロスカットの仕組みを知っておかなければなりません。
本項では、FX初心者の方にも理解していただけるような説明をしていきましょう。

まず、ロスカットとはどのようなものをいうのでしょうか。
「含み損が大きくなり、資金である証拠金がある一定の割合を下回った際、自動的に矯正決済される仕組み」のことを指します。
よくロスカットとロスカットアラート(マージンコール)が同義だと思われることがあるのですが、全くの別物です。
ロスカットアラートはロスカットが行われる前の警告通知であり、ロスカットは強制決済となります。

ロスカットは、FX業者によって決められた一定の必要証拠金維持率を下回った場合に適用されるものになります。
つまり簡単にご説明すると、「預け入れてある資金と比較して大きな損失を出す可能性が高いので、これ以上ポジションを保有することでさらなる損失を出させないための措置」といったところでしょうか。
そのため、これ以上取引ができないように保有しているポジションをFX業者が強制的に決済してしまうのです。
上記でご説明している”含み損”とは、まだ売買を確定させていない、つまり決済をしていない状態での損失ですので、矯正決済することで確実に損失は発生します。

基本的にロスカットは証拠金以上の損失が出ないような仕組みにはなっているものの、その大半を失ってしまうようなシステムです。
借金をするほどではないものの、ロスカットが適用される前に早めの対策をすることが必要不可欠と言えるでしょう。

そのために用いられているのが、ロスカットアラートです。
ロスカットの可能性がある投資家にその警告を行い、追証(追加証拠金の預け入れ)もしくはポジションの決済を求める、というもの。
これによりロスカットよりは証拠金が減る可能性はぐっと低くなります。

ちなみにロスカットは証拠金維持率が50%、ロスカットアラートは証拠金維持率が75%の時に適用されるFX業者がほとんどとのことでした。

Posted in トラリピ | Leave a comment

FXの入門編 ~FXの特徴

これからFX取引をしようと考えている初心者のみなさんへ。
きっと右も左もわからない状態だと思います。
今後FXの勉強を進めていくと思うのですが、まずは入門編として、「FXの特徴」についてご説明しましょう。

●少ない資金で大きな取引が可能
FXでは、証拠金取引という方法で投資を行います。
口座を作っているFX業者に資金である証拠金を差し入れ、それを担保に投資を行っていくというものです。
そのため、レバレッジというてこの原理を使った取引ができるのでぜひ覚えておきましょう。
レバレッジとは少ない証拠金でも大きな取引ができるシステムです。

●二国間金利差で収益を狙える
超低金利国の日本だからこそ狙える利益に、”スワップポイント”というものがあります。
金利に差がある二つの通貨を売買した時に発生する金利差ですね。
低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことでスワップポイントが受け取れます。
しかも毎日受け取れるので知らない間に利益が増えているということです!

●売りからの取引ができる
通常の買ってから売るだけでなく、売って買い戻すという取引ができます。
そのため、一般的に利益を狙いにくい円高傾向の相場からでも利益を狙うことが可能に。

●24時間取引ができる
為替市場は24時間世界のどこかで行われているため、日中お仕事が終わって帰宅してからも取引ができます。

以上が主なFXの特徴です。
ぜひ知っておいていただきたいことは、

●FXは取引による為替差益を狙う金融商品である
安く売って高く売却するという投資の基本概念がFXにも適用されます。
ただし現物株の取り引きなどと違い、FX取引の場合は先に売って後から買い戻すという利益の狙い方があることが重要と言えるでしょう。

●スワップポイントによる利益が狙える
高金利通貨(ブラジルレアル、トルコリラなど)の通貨と日本円の通貨の売買で金利差(スワップポイント)が狙えます。

この2つがFXで利益を上げる方法です。

Posted in トラリピ | Leave a comment

FXの空売りについてご説明します。

FXで儲けを出すために知っておきたい「損益の仕組み」についてご説明します。

まず、FXとは為替の変動で起こる差益を狙うという投資方法です。
具体的には2国間の為替取引で利益を生じさせるということがFXの取引となります。

利益が出るケースを具体的に例を挙げてご紹介すると、
1ドル120円
の状態で円をドルに交換したとしましょう。
しばらくして為替レートが1ドル125円となったところでそのドルを円に戻します。
そうすると手元には125円が入るため、5円の利益が出たということです。
このような為替取引で利益を狙うということが、FXの大まかな仕組みになります。
これは銘柄がドルに限ったことではなく、ユーロやブラジルレアル、トルコリラなどどんな国の通貨でも対象です。

また、FXの特徴として挙げておきたいのは、”売りからでも取引をすることができる”ということ。
投資で最もメジャーな株式投資でも可能な取引手法で、「空売り」と言います。

具体的にどのような方法なのかというと、
「円安で売って、円高で買い戻す」ものです。
FXの場合、円高の時に外貨を買い、為替相場が円安になると利益が出ます(上記の例がそれにあたります。)。
ですが、円安の時に売り、円高の時に買い戻すという逆の手法でも為替差益を受け取ることができる仕組みです。
つまり、FXの場合は円高局面でも円安局面でも利益を狙いに行けるということが言えるでしょう。

たとえば
1ドル110円
の時に空売りをし、1ドルが100円となったときに買い戻すことで10円の利益を受け取ることができる、ということですね。
このシステムは初心者の場合はやや難易度が高いかもしれませんが、理解することができれば利益を狙えるチャンスがぐっと増えますのでおすすめです。

ただし、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買った時、その金利差分の利息であるスワップポイントは売り注文から入ると支払金がでる可能性が高いので、注意してください。

Posted in トラリピ | Leave a comment

トラリピの詳細を知りたい方はチェック!

FXに関するコラムをたくさん読みたい方にご紹介したいサイトがあります。
その名も、『ナショナル・マネー・レポート』!
サイト運営者はFX情報に長けている方なので、非常に有益な情報を入手することができるでしょう。
特にこれからFXを始めてみたいと考えている初心者向けの内容が多いので、読むとこれから有利に投資を始められるのではないかと思いました。
中でもコラムには頻繁に”ロウソク足”のことが記載されており、FXを始める方なら絶対に知っておくべきチャートのひとつなので、このサイトから勉強してみてください。

次に、具体的にどのような記事がおすすめかと言いますと、
・資産運用は銀行の定期預金が安全?FXもトラリピで安全に!
・トラリピでFXが安全な投資に
という2つのコラム。
共通しているのは、”トラリピ”という発注管理機能のことを書いているという点です。
トラリピとは特にFX初心者にもおすすめの注文方法で、簡単な設定をするだけで利益を狙いに行ける画期的なもの。

通常のFX取引の場合、為替相場の値動きを予測しなければなりません。
この予測が外れてしまうと損失の原因になってしまいます。
このリスクを最小限に抑えられる方法が、トラリピです。
最近特に注目されており、利用者数もどんどん増えてきているのだとか。
為替相場に複数のわなを仕掛けて売買チャンスを増やすことが目的であり、小さな利益をコツコツと積む、というスタイルになります。
注文が自動的に繰り返されますから、お仕事中でも睡眠中でも常に利益が狙えるということが最大のポイント。
専門的な知識がそれほどなくても始められますよ。

このようなトラリピに関するコラムは、サイト作成者もおすすめなのか非常に多いです。
確かにより確実に利益を狙えるということはFXトレーダーにとっては魅力以外の何物でもありませんからね。

トラリピの詳細はこちらから公式ホームページをご覧いただけますので、詳細な情報をご確認ください。

Posted in トラリピ | Leave a comment

トラリピのリスクを調べました。

FXの新しい発注管理機能として多くの投資家に利用されている「トラリピ(とらっぴリピートイフダン)」。
これはマネースクウェア・ジャパンが特許を取得した注文方法で、
・焦らない
・ギャンブルしない
・張り付かない
の3本柱のもとに投資をすることができると言われています。
相場にわなを仕掛けたらそこに相場が引っかかるのを待つだけという斬新な手法は投資初心者の方にもおすすめです。
もちろん日中は仕事をしている方で相場を頻繁にチェックできない方にも有効と言えるでしょう。

そんな魅力的なトラリピですが、気を付けるべきリスクがあるということもぜひ知っておいていただければと思います。
最も注意しなければならないリスク、それは「レバレッジ」です。

FXは、FX業者に預けた資金を元手に取引を行う証拠金取引という方法で投資を行っていきます。
レバレッジは、この資金の何倍もの取引ができるシステムです。

たとえば、資金を10万円用意したとしましょう。
「こんな少額で投資ができるの?」と思われるかもしれませんが、証拠金取引は少額投資ができるということがメリットとなります。

この10万円の資金を元手に、
・20万円分の取引をすればレバレッジ2倍
・30万円の取引をすればレバレッジ3倍
・100万円の取引をすればレバレッジ10倍
となり、最大で25倍までレバレッジを効かせた取引を行うことが可能です。
もちろん、レバレッジを利用しない取引を行うこともできますが、少ない資金で大きな取引ができるということは投資家にとって大きな魅力となるでしょう。

ただし、レバレッジは高ければ高いほどリスクが高くなります。
もちろん利益を得ることができればハイリターンとなるのですが、損失にもレバレッジがかかるのでハイリスクなのです。
高すぎるレバレッジは、ロスカット(保有しているポジションを自動的に決済されてしまうシステム)の可能性が増えるので、高すぎるレバレッジには注意しましょう。

Posted in トラリピ | Leave a comment