FXの空売りについてご説明します。

FXで儲けを出すために知っておきたい「損益の仕組み」についてご説明します。

まず、FXとは為替の変動で起こる差益を狙うという投資方法です。
具体的には2国間の為替取引で利益を生じさせるということがFXの取引となります。

利益が出るケースを具体的に例を挙げてご紹介すると、
1ドル120円
の状態で円をドルに交換したとしましょう。
しばらくして為替レートが1ドル125円となったところでそのドルを円に戻します。
そうすると手元には125円が入るため、5円の利益が出たということです。
このような為替取引で利益を狙うということが、FXの大まかな仕組みになります。
これは銘柄がドルに限ったことではなく、ユーロやブラジルレアル、トルコリラなどどんな国の通貨でも対象です。

また、FXの特徴として挙げておきたいのは、”売りからでも取引をすることができる”ということ。
投資で最もメジャーな株式投資でも可能な取引手法で、「空売り」と言います。

具体的にどのような方法なのかというと、
「円安で売って、円高で買い戻す」ものです。
FXの場合、円高の時に外貨を買い、為替相場が円安になると利益が出ます(上記の例がそれにあたります。)。
ですが、円安の時に売り、円高の時に買い戻すという逆の手法でも為替差益を受け取ることができる仕組みです。
つまり、FXの場合は円高局面でも円安局面でも利益を狙いに行けるということが言えるでしょう。

たとえば
1ドル110円
の時に空売りをし、1ドルが100円となったときに買い戻すことで10円の利益を受け取ることができる、ということですね。
このシステムは初心者の場合はやや難易度が高いかもしれませんが、理解することができれば利益を狙えるチャンスがぐっと増えますのでおすすめです。

ただし、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買った時、その金利差分の利息であるスワップポイントは売り注文から入ると支払金がでる可能性が高いので、注意してください。

This entry was posted in トラリピ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>